overtone 平田卓也のクラシックギター芸術
平田卓也のクラシックギター芸術
トップ プロフィール 芸術論 写真 掲示板 リンク
芸術論
ギターという楽器
なぜ・・・?の原因は楽器か奏者か
感性の窓〜聴覚と視覚
私自身の日記
新たなるプロローグ
ギターという楽器

 ギターは大変魅力的な楽器です。和音も奏でることができ持ち運びも便利です。音色も美しく心の奥深く入ってきます。
 しかし、これほどすばらしい楽器なのに、なぜ・・・?という疑問も少なからず内在しているのも事実です。深く追求すればするほど幾多の課題を抱えている楽器でもあるのです。

 ギターにはクラシック、フラメンコ、エレキ、フォークなど色々な種類のものがありますが、ここでは『クラシック音楽』を演奏するための『クラシックギター』を基本に考えています。


なぜ・・・?の疑問

 クラシックギターを達者に演奏できる人は多くいますが、豊かな芸術性を感じる演奏には殆どお目にかかれません。ただ、間違わずに弾くだけ・・・。しばらく聴いていると飽きてくるのです。
 そのためかピアノやヴァイオリン、チェロといった楽器に比べ幅広い音楽ファンが少ないような気がします。

 次のページへ
本サイトに掲載されている記事・写真等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
メールフォーム
Copyright 2005 overtone, All rights reserved.